夏のファンデーションで崩れにくいのはリキッド?パウダー?

   

sponsored link

夏の汗でメイクがドロドロに溶ける…、という化粧崩れに悩む方がたくさんいらっしゃると思います。でもカバー力をしっかり上げたい!場合、どうしたら良いのか?また、塗り方・使い方のコツを書いてみます!

リキッド・パウダーの利点・欠点

リキッドタイプは、密着度が高く、肌に馴染みやすいです。カバー力も有り、シミ・ニキビ跡・そばかす等…、隠す事が出来ます。乾燥時期は、保湿力もあり潤いながら過ごす事も出来ます。

しかし、毛穴にしっかり入り込む為、メイク落としをしっかりやる必要があります。また、顔汗をかきやすい人や、夏場はドロッと汗で流れてしまいますし、皮脂量の多い人も、油浮きでメイク直しが大変だったりします。

パウダータイプは、リキッドタイプに比べて、薄付きで、シミ等、隠したい場合は、コンシーラーとの併用が必要です。リキッドより質量の重く感じない分、サラッと仕上がり、化粧崩れしてもキレイに簡単に直す事が出来ます。

わりと、マットな質感だったりしますので、口周りなど、水分量が少ない顔の部分的には、乾燥しやすく、粉吹きもしやすいです。十分な保湿ケアが必要となります。

敏感肌の人はどちらを選ぶべきか?

敏感肌の人は、ミネラル系のファンデーションを選ぶと良いです。カバー力も上げて、乾燥も防いで、キレイな仕上がりに!と、ファンデーション一つで全部を望む事は難しいです。それは、敏感肌用というのは、わりと、カバー力が無いものが多いからです。

コンシーラーとの併用や、ファンデーションの塗り方・重ね方、道具の使い方、スキンケアの工夫をして、オリジナルを生み出すと良いと思います。

塗り方のコツ

sponsored link

リキッドの場合、薄めで、触った感触がサラッとした物を選ぶことをオススメします。BBクリーム・ CCクリームというのも薄めではありますが、クリーム状で汗をかくと、ドロッとします。化粧直しが大変な時があります。ですので、薄めで、わりとサラッとした液体タイプのファンデーションを使用する方が良いと思います。

また、手で伸ばしてから、不要なファンデーションをスポンジで取るイメージで、土台を完成させていくのが良いです。

オススメのリキッドファンデーションはコチラです。

→ RMKリクイドファンデーション

RMK リクイドファンデーションは、ダントツでおすすめです。マットで素肌感が強調され、抜群の仕上がりを得る事が出来ます。 例えば、外出先でメイク直しをしたい時、簡単に持ち運べる固形ファンデーション(プレストファンデーション)で、上から乗せてもキレイに仕上がります。

パウダータイプの場合、目の下から頬にかけての部分がしっかりファンデーションを乗せたいので、スポンジでしっかり(濃く)乗せます。鼻、おでこ等…、その他の部分は、薄くても良いので、ブラシで薄く乗せても十分です。メイクとしてはとても簡単です。リキッドより時間がかかりません。

使用してみた感想

紫外線が強い時期になりましたので、UVケア・美白ケアは、毎日しっかりとすること。日々のケアをし続ける事が、良い化粧ノリを保つコツでもあります。

薄くリキッドを乗せ、固形ファンデーションで少しずつ、足りない部分や、剥がれたファンデーションを足す方法、一日中キレイなお肌を魅せる!という意味で、とても良いテクニックだと思っております。

また、私個人的には、夏は、パウダーファンデーションで、美肌魅せを追求していく事に専念しています。その場合、パフとブラシの上手な使い分けをする事も重要です。次回、ブラシとパフの使い方・使い分けについてお話しをしたいと思います。

sponsored link

夏ファンデーションにおすすめの記事をご紹介します。

pz-linkcard: Incorrect URL specification.(url=:http://cosme-vilogger.com/three-148)

 


 - UVケア・紫外線・美白・夏シリーズ, ベースメイク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。