泡立てネットを使わないと毛穴汚れが落ちる?ニキビと痒みの悪化の原因は?

      2017/08/25

泡立てネットを使わない人が50%以上いる中で、
スキンケア、洗顔後の洗い上がりの質感、メイクが残っているかも?
というので、悩む方が多いです。

敏感肌、皮膚が薄いなどのお肌が弱いからこそ、洗顔が一番大切です。
その理由と使い方を、今回はお話ししていきます。
sponsored link

毛穴汚れの原因と症状

毛穴の開きというのは人によりそれぞれです。
例えば、夏場や、汗をかきやすい人は、
毛穴が広がった状態であり、お化粧、皮脂汚れなどが溜まりやすくなります。

ファンデーションを塗布される方で、
メイク後、数時間経つとかゆくなったりしませんか?
それは、メイク落としが十分に出来てない状態だった可能性があります。

ニキビの原因となるべく、
顔が赤くなってきたり、痒くなったりします。
たるみの原因、シワの原因へと繋がりますので、日々のケアは本当に大切です。

皮脂やメイクが落ちた?落ちない?
と気づきやすいのは、洗顔後の仕上がりです。
そこで残った感じがある場合、汚れはしっかり落ちていない。という事になります。

また日頃、化粧をしなくて、皮脂汚れ(角栓)などでお悩みの方は、
何故、皮脂量が多く出るのか?という事ですが、
それは、体内の老廃物が出てきている状態だからです。

体内の老廃物は、排便・排尿で約95%は排出されてしまいますが、
残りは、皮膚から出てきます。
汗の臭いが強い。皮脂量が多い。という特徴をお持ちの方は、
排泄はされているかもしれませんが、まだ不十分であると考えてもらえると良いです。

クレンジング・洗顔料との相性

クレンジングは、
メイクをリキッドファンデーションなどで密着させるくらい、しっかりされている場合は、
わりとパワフルに落ちるメイククレンジングを使用した方が良いです。
逆に、軽めのメイクをされる場合はオイルフリータイプとかでも大丈夫です。

洗顔料ですが、
クリームタイプの物が一番肌に優しい。という話を聞いたことがありますが、
実際、毛穴汚れをしっかり落としたい場合は、クリームタイプですと、
すすぎをしっかりやらないと皮膚に残りやすい状態となり、洗顔後のトラブルになります。
sponsored link

また、保湿成分が沢山入った物も、しっとり感が強く、手に取った時の印象も重たいです。
こういったタイプの物も手のひらに伸ばして顔に付けて行くと、
毛穴の奥に入りやすく、洗い残しの原因になったりします。

そういった意味で、
洗顔時、泡立てネットでしっかり泡を作って、お顔にのせていく!
という、ひと手間は重要になってきます。

泡は、水と空気を含ませた分、密着度が低く、肌に残りにくいからです。

泡立てネットの使い方

100などでも簡単に手に入ります。
Mサイズくらいの物で十分です。
逆に大きいサイズの物になると洗顔料も多く使用してしまう可能性もありますから。

ただ、泡の質はかなり良いものになります。
余って捨てても良い!という考えが出来るようでしたら、それも一つの手です。

基本的には、
いつも手に取る量を、ネットの上に乗せて、水を含ませて揉み込みます。
泡立ちは、ヘトっとなるくらいではなく、
ホイップクリームの様に立つようになるのが理想的ではありますが、
それが出来なければ使用出来ない。という事ではありませんので、
何度かやっていくうちにご自身でコツを掴み、
また、自分にとってちょうど良い度合いが分かって来ると思います。

体験した感想

あらゆる洗顔料を使って、体感していますが、
直接、洗顔料を顔に塗布せず、泡立てもしっかりやった事により、
粒子が細かくなり、洗い残し、洗いすぎ、すすぎ過ぎを防ぎ、
不要なものを落とし、必要な油分を残す事が可能になりました。

洗顔料だけを使用して、
「合う」「合わない」と決めるのはまだ早いです。
しっかり顔に付ける前に、めんどくさがらずにやったら、
意外と良かった!と思える、洗顔料はたくさんあります。

また、私自身もそうですが、
肌が薄い方にも非常におススメしたいです。
泡がクッションとなり、手と顔をこする行為を止めてくれるので低刺激ですので、
是非お試し頂ければと思います。
また、スキンケアに関する商品ごとに書いていますのでご参考にしてみてくださいね。
sponsored link

スキンケアの考え方


ピーリング石鹸


クレンジング・洗顔料




 - 洗顔・クレンジング

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。