洗顔しても角栓が取れない理由!毛穴汚れの落とし方はある?

      2017/08/27

顔の汚れが落ちない気がする時ってありませんか?
洗顔しても毛穴が開き、白い角栓が詰まっていたり、なんだか顔がかゆいと感じたり…。
ひどい時は、赤く頬が炎症を起こしたりもしたりします。

取り方を間違えると余計に毛穴が広がりますし、
たるみの原因等にもなりますので、優しく大切に扱って欲しいものです。

今回は、そんな「洗顔」に関する考え方のご紹介になります。
ご自身に合ったアイテムを探すための参考になって頂けたら幸いです。
sponsored link

毛穴の汚れの原因

外的なモノ

これまでメイクアップアーティストとして
キレイに魅せるためのベースメイクを中心にご紹介してきましたが、
実は、「明日もキレイにファンデーションをのせたい!」と思われる方は、
是非毎日のスキンケアを頑張って欲しいと思います。

ファンデーションで毛穴をしっかり埋め込んで崩れにくくした場合、
奥まで入った下地・ファンデは取れにくいものです。

さらに、外気、ホコリ、汗等の汚れも一緒にくっついている状態ですので、
しっかり落としていきましょう!

内的なモノ

体内の老廃物が必ず分泌されます。
「角栓」と呼ばれる物になりますが、
生きている以上この角栓がなくなるということはあり得ません。

老廃物というのは、
排便、75%、
排尿、20%、
その他、5
その他の中に、汗や皮脂などが含まれてきます。

「汗が臭い。」「皮脂が臭い。」というのは、
体内に老廃物が溜まり過ぎてて、きちんと解毒が出来ていない状態。
という事です。

角栓も少し臭いがあるのは、
化粧品や汗、老廃物が混ざったから。という事になります。

開ききった毛穴をなくす方法はある?

誰でもこれに関しては、切に願うところであります。
私がこれまで経験したところから、3つお伝えしたいと思います。

常に清潔にし、収れん作用のある化粧水をつけること

これが日々のホームケアをする上で一番の基本です。
日々の積み重ねが大きな結果になります。

洗顔は、ぬるま湯でしっかり落とし、化粧水をケチらない事です。
W付けしても良いです。
ミストタイプの物をお持ちの場合、
気が付いた時にシュッシュッと振りかけてあげると更に良いです。

レーザー治療

sponsored link

外的に刺激を与え改善に向かう行為ですので、
施術をした直後、やり過ぎというのは、乾燥が起こります。

ターンオーバーを早くさせるレーザー治療がメインになりますが、
1週間ほど肌がザラザラし、化粧ノリが悪くなったり、
3日間は顔が火傷をした様に赤くなるレーザーもあります。

ただし、1週間後、見違える様に肌がつるつるし、
毛穴も目立たなくなります。
1回で完結出来る事ではありませんので
2か月、3か月に1回通い続ける必要があります。

おススメのレーザー名:フラクショナルCO2レーザー

肌を傷つけないこと

爪でひっかき出す事や、
最近は、角栓取り用の器具が簡単に手に入ったりしますが、
力加減を間違えるととても危険です。

皮がめくれたりもしますし、皮膚が赤くなったりもします。
やり方を間違えると角栓は取れたものの、
毛穴は気が付かないうちに拡大されていく…
という事も十分あり得ますのでご注意を。

毛穴の汚れを取る方法

安全に取る方法はたくさんあります。
先ほどお話ししました、角栓取り用の器具を上手に使う事も一つです。

しかし、私は出来るだけ日々のケア、
洗顔方法などのスキンケアをどうするか?というところに着目しています。

ダブル洗顔は良くないのか?

洗浄力の強い物(ご自身の肌質から見て)を使用する場合、
W洗顔というのは厳しいかと思います。

自分の肌の強さから見て、
やや弱めの洗顔、クレンジングを使用する場合、
Wで洗ったとしてもさほどお肌に負担はかかりません。

これは、マズイか?と思う判断基準として、
洗顔後ヒリヒリする。乾燥感がいつもよりする。と思う時です。

この場合は、
一度洗顔料の見直しをするか、洗い方を改善する必要があります。

メイク落とし、洗顔料・クレンジングの選び方

自分の肌質に合った物を探し続けるという事になります。
星の数ほどある洗顔料の中で大変な作業にはなりますが。

メイク落としは、やはりオイルタイプをおススメします。
特に、リキッドファンデーションを使用されている方、
しっかりメイクをされている方、というのは
オイルで70%、80%以上落としてしまいたいです。

私は、その後で、
クリームタイプのメイク落としを使用したり、泡タイプのメイク落としを使います。

メイクを落とす時点でほぼほぼ取りきってしまいたい!
という考えだからです。

泡タイプの物で、メイク落とし+洗顔料
みたいな感じになっている物を使用するととても良い感じです。

洗顔料は、
水分調整の出来る比較的洗浄力の弱い物を使用します。
時に、美白成分配合の洗顔料も使用します。

スペシャルケアとして、
毛穴のゴミをごっそり溶かし出す「炭酸タイプ」の洗顔料も使用します。

夜の洗顔というのは、朝よりもかなりしっかりしています。
ペーパーやコットン等で浸して簡単オフ出来る物はほぼほぼ使用しません。
一応念の為に持っていますが。

洗顔と向き合って良かった事

やはり肌年齢が全く違うという事です。
30代半ばですが、
日々のお手入れにしっかり意識を向けているだけで差がついている事に気が付きました。
ファンデーションのノリが違うのと、崩れない事。
顔の印象というのは本当に凄くて、相手に興味を持たせるという意味で、本当に看板ですよね。

メイクオフ後、肌がかゆくない

夜の洗顔後、ちょっと痒いな…と思った時は
完全にオフ作業が甘かったという事になります。

以前私もそういった日々が続き、
「近頃、手を抜いているかも…」と思って、見直したわけです。

仕事柄、日々使用するお化粧品も少しずつレベルアップしてた状態でしたので、
スキンケアに時間をかける時間なんて本当は勿体なかったですが、
一度見直しをした事が今の私へと導いてくれました。

また、ニキビ跡が残る等の敏感肌ですが、
長期的に継続していくことで弾力性のアップ、たるみなどの改善にもつながってきております。

私が最近、お気に入りなのが、
「肌ナチュール」
肌にファンデーションが残る感じもなく、つっぱらない感じ。
これがたまらないくらい好きです!

今後、私のおすすめするスキンケアのアイテムを順次ご紹介していきますので、
是非これからも参考にしてもらえたら嬉しいです。
sponsored link

「泡立てネット」洗顔時の泡立ちについて


ピーリング石鹸


洗顔



クレンジング



 - 洗顔・クレンジング

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。