コテ巻きが長持ちしない…巻き髪がとれない方法はミルボンのクフラスプレー

      2017/08/30

ミルボン、クフラ リッジカールスプレー。
せっかく髪の毛をコテ巻きをしたのに、長持ちしないですぐにとれる…
という相談をよく受けます。
髪の毛のセットは、お化粧と違い、一度したら簡単に直せるものでもないので、お出かけ前にしっかりセットをして長持ちさせたいものです。
今回はコテで巻く前に知っておきたい知識、カールが取れにくく、痛む事も防げるアイテムについてご紹介したいと思います。
sponsored link

カールがつかない原因

毛質が原因で、巻きにくい、巻いたけどすぐとれる…。ということがあります。

毛が硬い、毛が柔らかい、健康毛、ダメージ毛、縮毛矯正をかけた毛、ヘアカラーをした直後の毛…。
色々あります。

ストレートアイロンで伸ばした後

コテを巻く前にしっかりストレートアイロンとかで伸ばしたりすると、巻きにくかったりします。
一度濡らしてドライヤーで乾かしてから、コテで巻くと良いです。

アイロンをあてる時間

熱が通りにくい毛は、少し時間を長めにコテ巻きをすることをオススメします。
熱をあてる時間が長過ぎると毛に負担をかけてしまいますが、短すぎてもいけません。

時間を短縮するために、
高温で短時間にする方法もありますが、190℃くらいで、じんわりと熱をあてていく方をオススメします。

ベースメイクはしっかりと



私は断然クフラをオススメします。
スプレータイプなので、ミスト状になっている物よりもまんべんなく髪の毛にかかりますし、
ノリの成分があるので、髪の毛がつるっとしている人でも、コテを挟んだ時にしっかり挟まります。
巻き直しの回数が減り、やりやすいです。

髪のダメージを防ぐ

こういったアイテムを使うことにより、直接、髪と熱器具を触れさせるのではなく、
あいだに1つ挟み込んだ状態になるので、髪の毛のダメージ防止に繋がります。

一回やっただけではなかなか気づきませんが、
毎日の積み重ねですので、小さい気遣いが大きく差がついて来ます。

実際に使ってみた感想

sponsored link

初心者向けとして非常に良いと思っています。
ローションタイプ(ミストタイプ)との違いとして、
水っぽさがないので、コテで巻いている時にじゅわ~っと蒸発しないということ。

ミストの中にノリ成分も入っているので、
髪の毛が絡みやすい人は、振りかけただけで絡みが酷くなり、コテ巻きがしにくい場合がありますが、
このスプレータイプはそういったことを防いでくれます。

ショートヘアに向く

これは本当に有難かったことで、ショートヘアの場合、
ミストだと顔周りに、水気がついてしまいちょっと気持ち悪く思ったりしますので、凄く気を遣っていました。

巻きが取れなかったとの声

実際にこれを使用して施行させて頂いた方から、
「全く巻きが取れなかった」との声を頂きました。
この方は、金髪でショートヘアで、どんなにやってもアイロンの熱が通りにくいタイプでしたが、
10時間以上経ってもキープされていた!ということでした。

時間短縮に繋がった

下地としてクフラを使い、一人あたりの施行時間が大きく変わりました。
仕事もやりやすくなり、相手からも喜ばれるとしたら非常に嬉しい限りです。
もしこのアイテムを一人で使うとしたら、1本あたり、1カ月半程は持つのではないでしょうか。
コスパ的にも非常に良いと思いますので是非一度お試しくださいね。
sponsored link

ヘアアイロン・コテの 使い方、おすすめについて書きました。
「クレイツ」


「アイビル」

ヘアオイルについて書きました。
お風呂に入った後、
ヘアセットをした後、ワックス+ヘアオイルとかで仕上げても良いですよね。
是非読んでみてくださいね!


 - (Hair) スタイリング剤

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。