フェイスパウダーでツヤ肌になる!おすすめはコスメデコルテ

      2018/01/25

cosmedecorte AQMW フィニッシュパウダー。艶肌メイクの仕上げは本当に重要です。人気の11番、80番。色っぽく見える艶肌の作り方も併せてお伝えします。やるからには、絶対に失敗しない艶肌美人になりましょう!
sponsored link

ツヤ肌メイクの特徴

艶の出るメイクとは

メイクは、一つ一つ層にして積み上げていくものなので、「崩れにくい、光沢のある」メイクをするのであれば、土台となる基礎化粧から徐々に作り上げていく事をおすすめしています。

基礎化粧の段階で、乾燥し過ぎない、保湿クリームで重たくなり過ぎない、程好さが必要です。特に乾燥しやすい口周り、目周りというのはどうしても厚く保湿力のある物を乗せたくなりますが、我慢しましょう!

下地は、クリームタイプの物、ローションタイプの物があります。クリームタイプはわりとメイク後時間が経つにつれて皮脂などで崩れやすくなりますので、薄く付ける事をおすすめします。一方、ローションタイプは、肌に馴染みやすく、塗布の分量は簡単です。しかし、乾燥しやすい部分には多少量を多く付ける事をおすすめ致します。

ファンデーションは、ツヤ系の物をお好みでお使い頂いて良いと思います。私は、NARS、アディクションをよく使用します。
一番下に、使用した感想のページを貼り付けておきます。

プチプラとの違い

フェイスパウダーを選ぶに於いて、プチプラが悪いというわけではありません。しかし、ラメの大きさ、カバー力の問題があります。粒子の細かさ。やはり、プチプラだと粒子がやや粗いイメージがあります。ツヤ系のメイクはわりと繊細なので、プチプラでフェイスパウダーを購入するとしたら、マットタイプを選んでしまいます。

口コミ評価の高さ、使い方

sponsored link

雑誌、口コミでここまで評価が高い!という事だったのですが、手に取った瞬間にすぐに分かりました。

使い方としては、パフで十分だと思います。ブラシでも良いですが、やり過ぎると、せっかくのラメを払い落してしまう可能性もありますので。

そしてなんと言っても、「ムラがない」という事でしょうか。手に乗せてキレイにまんべんなくパールが広がります。ポイントとしては、パフにパウダーを乗せて軽く揉むことです。あるいは、手のひらで馴染ませてから、お顔に付ける事です。次に、色選びについてお話しします。

ルースパウダー8011の違い(色選び)

今回、ネットで購入した方が、確実に安く手に入ります。1,000円~1,500円くらいは、お安くなりますので、是非、下記をご確認いただければと思います。

コスメデコルテ80


20g / 5

5,000 円(税抜) <パフ付き>

コスメデコルテ11


カラーは、5色展開していますが、ツヤ系なら、80番、11番が良いです。本当に標準クラスですと、11番。やや血色の良さを出したい場合は80番です。あまりチークやリップを塗らない方は、80番を使うと、お顔に明るさが出ます。

使用してみた感想

ツヤ系のパウダーを乗せる事で、毛穴が気にならない!という悩み改善になりました。「悩みを隠せる」そう言った意味で、カバー力はある!と言えると思います。また、ファンデーションとの馴染みが良く、崩れ方も気にならないので、長時間メイク直しが出来ない状況でも、安心していられると思います。是非、一度お試しください!
sponsored link

艶肌メイク関連記事






 - ベースメイク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。