消毒用アルコールで除菌したい!品薄で買えない時の代用品の方が効果的!

スポンサーリンク
衛生面 (消毒・アルコールなど…)
スポンサーリンク

日頃から美容の仕事をする上で、衛生面をしっかりしており、常備品として我が家にはアルコール系のグッズが沢山あります。
しかし現在、コロナウイルスで消毒関係の品薄状態…という問題があります。ですが、仕事上しっかり衛生的にして挑まないといけません。その狭間の中で得た情報と、今できる衛生面についてお教え致します。

sponsored link

スポンサーリンク

マスクより入手困難

マスクがなかなか手に入らないのは皆さんご存じかと思いますが、マスクを手に入れる為に、毎朝開店前から店前に並んで購入をする方が増えています。
「列を作り並んだ人だけでマスクはいつも売り切れてしまいます。」
と、店員さんは言ってました。

ですが、「列を作って並ぶ」というのは、人と人の距離が近い事になりますよね?感染を気にするのであるなば、やはり距離は大事です。
1.5m間隔を取れたらベストですが、なかなかそうもいかないので、50cmは距離を取りたいものです。

そして、マスクよりも量産が出来なくて我々が入手しにくいのが、この消毒液です。

密接すること=感染率が上がる
この事に関し、皆さんはどう受け止めるでしょうか?

アルコール消毒(エタノール)する事が最善か?

全国のドラッグストアからほぼ姿を消したアルコール消毒。では、その安全性についてですが、意外にも使い過ぎると良くない…という事です。

・医療機関が使う。
・一時的に使う。
という事であれば仕方がないのですが。

現在の様に、外出しながらも、こまめに「シュッシュッ!」と霧吹きをかけて除菌したい。というのは、あまりにもかけ過ぎの状態になります。
つまり、「毒性が強い」という事です。

手作りで代替えできる?

sponsored link

最近は、エタノール・アルコール消毒が完売続きなので、手作りをおすすめされている人もおりますが、次亜塩素酸ナトリウム0.1%水溶液 と言うのも同じことです。

皮膚からの吸収は、口からの吸収よりも高い傾向があり、良い物・悪い物を関係なく取り入れるので、ご自身の今だけを見て「(コロナ)この時期を守る!」事と同時に、未来の健康な状態をイメージしていく事をおすすめします。

オーガニックは本当に良いのか?


さて、そこで私が聞いて真っ先に取り入れたのが、ヒノキのアロマオイルです。
純粋精油。100%混ざりなし。

水50ml(小分けスプレーボトル)+アロマ2~3滴程度で十分です。
それ以上入れてしまうと、お肌が弱い人には刺激が強すぎます。

アロマは香りを楽しみ、癒しを与えてくれるだけだと思っておりましたが、それ以外にも優れた効果を持っています。
また、化学薬品(アルコール消毒)よりも除菌効果が高い!です。

▶ヒノキの精油が持っている力。

大きく分けて3つの力があります。
① 美容面として… 
脂性肌、ニキビ対策、毛穴をひきしめる

② 健康面・衛生面として…
防虫、防菌作用、風邪、インフルエンザ予防、消臭、ハウスダスト、アレルギー予防&緩和。

③ 精神衛生面として…
疲労、頭痛、筋肉痛、凝り、むくみ、血行不良、冷え性、生理痛、PMS、ストレス、緊張、苛立ち…など。

最後に

10mlボトルで3か月は持つでしょう。2~3滴程度しか入れないのですから。
また、コロナウイルスは、暖かくなるにつれて徐々に落ち着て来る事を考えたら、大量に買う必要もありません。

コスパ的に考えても、エタノール等を買うより、はるかに安いです!
もしも気に入って頂けたら、近隣のお友達に分け合ってくれたら嬉しいです。

sponsored link

sponsored link

コメント

タイトルとURLをコピーしました